インジェクションプレートを使用した ミラドライの麻酔方法 CLINIC N東京銀座 ワキガ多汗症治療 

更新日:2020年9月29日

今回はインジェクションプレートを使ったミラドライの麻酔方法をご紹介します。

アメリカでは最近は半数以上がインジェクションプレート使用による麻酔が行われているそうです。


インジェクションプレートには5か所に針をつけるところがあります。

ここに今回は30G(ゲージ)の針を5本つけました。

針はゲージの数値が大きくなるほど細いものになります。

個人的に過去には23Gの注射針(普通の腕からの採血で使う針の中で細めな程度)などを使用していましたので、30Gは全然細いです。

ミラドライ インジェクションプレートによる麻酔方法 クリニックN 東京銀座 わきが 腋臭症 多汗症治療

キャップがついているので、針が長く見えますが、針の長さは黒矢印のあたりまでで、4mmです。

一遍に5か所刺して、均等に4mmの深さに刺さるようになっています。

このプレートを照射範囲の大きさにもよりますが、片脇6~10回刺す形になります。


ミラドライモニター募集 ワキ汗治療 CLINIC N東京銀座 美容皮膚科クリニック

ミラドライの麻酔の痛みはだいたい皆様が、針を刺す時よりも麻酔液を注入している時のほうが痛いとおっしゃります。

脇に液体が110mlなどの量入るなんてことはあまりないと思いますので、組織がストレッチされた形になると思いますし、

あと、痛みの原因として考えられるのが、麻酔(キシロカイン)が酸性であることが挙げられます。

そこで、麻酔液を中性にすると痛みが軽減するとされており、メイロン(炭酸水素ナトリウム液)を入れると、これはアルカリ性なので

酸性の麻酔液が中和されて痛みが軽減するという仕組みです。


①一度に細い針5本を刺していくインジェクションプレートを使用した麻酔方法、と

②メイロンを使って麻酔液を中性にする

という2つの方法で

痛みを軽減していきます。

「インジェクションプレート+30G針5本」は、普通の23G注射針1本使用の場合と比べ、仕入れ値で300倍ぐらい値段が違います。

当院は「チップ・麻酔・薬代」として69800円税別をいただいておりますが、

良いものがあれば使用していこうと思いますし、もちろんミラドライのチップもお一人様お一つの使用で目の前で開封して使用させていただいております。


今回の麻酔方法は、普段痛みに弱い方でも大丈夫だったとの感想をいただいております。

是非体験していただけましたらと思います。


お問合せ先

info@clinic-n.com

ミラドライ

マイクロ波で脇の汗腺を焼灼  治療回数通常1回

自費診療239600~389600円税抜

副作用:治療部位の疼痛・腫脹・皮下出血・感覚の変化等


miradry ミラドライ新橋 わきが治療 ミラドライモニター 美容皮膚科 美容皮膚科クリニック

176回の閲覧