top of page

ミラドライ レベル8とレベル5の違い CLINIC N東京銀座 わきが多汗症治療


旧年中は多くの患者様にご来院いただき、厚く御礼申し上げます。

2023年も皆様のお悩みの解消に少しでもお役に立てますよう、精進して参る所存です。

どうぞよろしくお願い申し上げます。


今回のブログでは、日々よくご質問いただくミラドライのエネルギーレベル8と5の違いについて記してみたいと思います。


「エネルギーレベル」を「出力」としている説明をよく見かけますが、エネルギーレベルは出力ではありません。出力はどのエネルギーレベルでも同じであり、同じ出力下でどのくらい長く照射したか、という照射時間の違いになります。長く照射するとより深いところまで照射できます。


エネルギーレベル5ですと、だいたい皮膚表面から2mmから5mmの深さを焼くとされていますが、レベル8ですとだいたい2mmから6.5mmの深さを焼く形になります。アポクリン汗腺が深いところにある方ですと、レベル8のほうが焼けるのではないかということです(本当に深いところにあるかどうかは生検しないと分からないですが)。ただし、脇の皮膚の下には手に行く神経などが走っていますので、より深く焼くと、神経が焼かれてしまって神経障害が起きるリスクは高まると考えられます。


「レベル8 VS レベル5」 で、効果や合併症について、米国ミラドライ社や日本の代理店に、詳しいデータ等があるか、今一度確認いたしました。

そのところ、米国ミラドライ社としては、エネルギーレベル8の効果や合併症のデータは持っていないということでした。


厳密にいうと、ミラドライの機械としてはレベル8でもレベル5でも同じ機械なのですが、中に入っているソフトウエアが違います。

過去に、お試しでレベル8のソフトウエアを作ってみたので使ってみてください、というニュアンスでいくつかのクリニック様の機械に導入されたもので、ミラドライ社としてレベル8の治験などの正式な研究は行っていないとのことでした。

個々のクリニック様でデータなどを取られていらっしゃるかもしれませんが、ミラドライ社としてそれらのデータをまとめて検討などはしていないということでした。


レベル8はあくまで限定的・試験的に作ったソフトウエアでミラドライ社としては十分なデータがなく、レベル5のほうで有効性や安全性が担保されているので、レベル5を採用しているとのことでした。


レベル8のほうが新しいのでは?というご質問をいただくことがありますが、少なくとも2016年あたりには既に存在し、その当時に限定的・試験的に作られたものとのことで、レベル8のほうが新しいということはなさそうです。現在はレベル5しか供給されていません。

また、日本で厚生労働省の薬事承認はレベル5で取得されており、レベル8は未承認となります。


どちらをお受けになられるのかは、レベルの違いだけにかかわらずですが、いろいろなクリニック様のカウンセリングやご説明等をお受けになられてご判断されるのがよろしいかと存じます。



CLINIC N (クリニックN)東京銀座

東京都中央区銀座7-13-1 STAGE GINZA 6F

銀座駅徒歩4分、東銀座駅徒歩3分、JR新橋駅徒歩7分

GINZA SIXそば

WEB予約 https://form.run/@clinicn

ワキガ 多汗症治療 ミラドライ レベル8 脇汗

完全貸し切り状態で他のお客様にクリニック内で遭遇することはありません。

施術室も常時窓を開けての換気、マスク着用、消毒、手洗い、検温、体調管理徹底しております。


ミラドライ

切らないわきが・多汗症治療

マイクロ波で汗腺を焼灼 

治療回数通常1回  自費診療 297000円~428560円税込

副作用:治療部位の疼痛・腫脹・皮下出血・減毛、感覚の変化等

閲覧数:186回
bottom of page