ミラドライの脇のにおいに対する効果 海外の文献から CLINIC N東京銀座

最終更新: 2020年9月29日

前回のブログではミラドライの多汗症に対する効果について、海外の論文をご紹介しました。

今回は同じ論文で言及されていた脇のにおいに対するミラドライの効果を見てみましょう。

31人の被検者は、脇下のにおいについて、治療前とフォローアップの際に5段階で評価するように求められました。

not noticeable, slightly noticeable, somewhat noticeable, noticeable, or very noticeableの5段階です。

(訳すとすると、気がつかない、わずかに気が付く、いくぶん気が付く、気が付く、とても気が付く、という感じでしょうか。)


(照射の方法は前回のブログをご参照ください。)


治療前、多くの人が程度の差はあれ、何らかの程度のnoticeable「気が付く」としていました。

治療の前に「気が付かない」と回答した人は、12.9%(4/31)で、

治療後1、3、6、12か月後のフォローアップの時点で「気が付かない」と回答した人は

67.7% (21/31), 71.0% (22/31), 74.2% (23/31), 61.3% (19/31) でした。


このデータから、専門的にいうと「統計学的に有意な」効果が認められたのですが、 統計学的にたまたまではないということです。

というわけで、ミラドライは脇下のにおいにも効果があるとされています。


ミラドライの効果は、米国FDA(厚労省にあたる機関)から認められており、腋臭症に対しても承認を取得しています。


お問合せ先

info@clinic-n.com

ミラドライ

マイクロ波で脇の汗腺を焼灼

治療回数通常1回

自費診療239600~389600円税抜

副作用:治療部位の疼痛腫脹皮下出血・感覚の変化等


ラドライ新橋 ミラドライモニター ワキガ わきが 腋臭症

89回の閲覧

©2020 by CLINIC N All rights reserved.