Blog 2023.10.14

ミラドライ前の脇の発汗テスト・実例集その②

ミラドライ専門のCLINIC N(クリニックN)東京銀座から、ミラドライ診療に関するミラドライ認定医院長ブログ第48号です。

当院では発汗テストで脇汗が出る場所を確認し、その部分をなるべく入れる形で照射するメニューをご用意しております。

両脇のミラドライ
広範囲ダブル照射モニター(発汗テストあり)396,000円税込
広範囲ダブル照射通常料金 428,560円税込
の2つになります。
こちらのメニューは医療ローンで分割払いもご利用いただけます(審査あり、医療ローンについてはこちらのブログご参照ください)。

発汗テストのやり方は、まずイソジンの消毒液を脇に塗って乾かします。その後でんぷん粉を振りかけ、その後汗をかいていただくと、水分が出てきたところが黒くなり、発汗部位が分かるという検査です。発汗量というより発汗の場所が分かるテストです。

そうは言ってもなかなかイメージが掴みにくいと思いますので、当院でモニターとして施術を受けられた患者様方の実例をみてみたいと思います。
(複製・転載禁止)
実例集その①はこちらのブログをご参照ください。


実例④ 手側が結構広めに反応されている方

前回の実例集では、胴体側が広めに反応されている方を載せさせていただきましたが、
今回は手側が広めに反応されている方になります。

 

ミラドライ 発汗テスト 広範囲ダブル照射 

 

発汗テストの実例を何例か見ていただいてお分かりいただけるのではと思いますが、発汗部位の形はお一人一人結構違います。皆様同じ楕円ではないです。
特に女性の方は脱毛をされていて、脇毛有毛部が分かりづらい場合があり、発汗テストが上手くいけば、発汗場所をきちんと見て、そこが入るように広範囲に照射していきます。
ミラドライの定型テンプレートの形が全ての方にぴったりというわけでもありませんので、当院では臨機応変に追加照射するなどして脇汗の発汗部位をカバーしております。


実例⑤ 剪除法後の方

男性のモニター様で剪除法後の方です。施術のために4-6日前に剃毛してきていただいている状態ですが男性ですので脇毛がわかりやすいですが、真ん中だけ毛がない状態で、周りは毛が残っています。反応は薄めですが毛が残っている部分に黒く発汗を認めます。
剪除法は、1個1個の汗腺をはさみで切除していくわけで、作業が大変なのは大変なのかもしれませんが、真ん中しか施術していないのでは?という印象でした。

 

ミラドライ男性モニター

ミラドライ男性モニター

 

ちなみに赤いマジックで囲ったところが、当院の広範囲のミラドライで最低限入る範囲になります(80x140のテンプレートにさらに追加で照射いたしました)。赤く囲ったところだけなく、その周りも少しふわっと入ります。

今回はお一人掲載させていただいておりますが、同様の状態の剪除法後の方は当院にいらした方でも複数名いらっしゃいます。また、剪除法のカウンセリングに行かれて、「真ん中しかやりません」と言われている患者様もいらっしゃいます(わざわざ手術して真ん中しかやってくれないなら嫌なので、やめてミラドライにされたという感じです)。
わきがの治療ですと、「剪除法が確実」であるとか、最後の砦のような施術かのように言われていたりすることがありますが、真ん中しか施術しなければ、当然ながら効果は不十分になる可能性はあります。
また、余談ですが、保険診療の剪除法の値段だと真ん中だけを施術して、周りもきちんとやって欲しい場合は料金をいくらかプラスして払えば(追加で自費でいくらか払えば)やってあげるという料金体系があったりするらしいのですが、同じ治療の中で保険診療と自費診療を混ぜるのは「混合診療」といって厚生労働省により禁じられています(自費の部分が発生する場合は全額自費の施術になるはず)。保険診療の剪除法でも十分な範囲切除するはずですので、周辺をやるために+アルファでお金を請求される場合は、本来必要ないはずのお金を請求されているという可能性がありますので、お気を付けいただいたほうがよろしいかと存じます。


実例⑥ ミラドライ後の方
過去に他院様でシングル照射の広範囲ではないミラドライをお受けになられた方の発汗テストです。
脇毛有毛部と思われる部分にもところどころ発汗が残ってしまっています。

 

ミラドライモニター 発汗テストミラドライモニター

 

シングル照射で特に雑な照射の場合、各照射間の打ち漏れが生じる可能性が高まり、
結果として効果を十分に感じられないという結果になる場合があります。


実例⑦ ミラドライ後の別の方
こちらの方も過去に他院様でシングルの広範囲ではないミラドライをお受けになられた方です。
一瞬本当にミラドライをされたのか?と思う位に、普通に脇汗が認められましたが、よくよく見ると、抜けている部分があります(赤で囲った部分)。この方は前回のミラドライ後1週間しか効果がなかったそうです。当時の使用エネルギーレベルは不明とのことでした。


ミラドライモニター

 

いろいろな患者様のお話を伺うと、クリニックによっては施術が両脇で30分で終わった、であるとか、すごく狭い範囲のテンプレートや、低いエネルギーレベル(両方とも施術時間の短縮につながりクリニック側としてはよいのかもしれませんが)などなど、のことがあるようです。同じミラドライと言っても内容は様々ですので、ただ料金が安いなどの理由だけからではなく、内容をよくチェックされてからお受けになられることをお勧めいたします。
ただ、「貴方に合わせていいようにやっておきます」といった曖昧な説明で有耶無耶にされ、施術が始まるとすぐタオルで目を覆われて、脇も麻酔で感覚がないので、結局何をされたのかよく分からないということもあるようですので、そこを患者様が切り込んでいくのはなかなか難しい場合もあるとは思います。

ミラドライは何度も何度もできる施術ではないため、過去に中途半端な施術を複数回受けていらっしゃると、これ以上重ねることができない場合があります。
当院といたしましても、残念ですが、お断りすることになってしまうこともあります。
何度もやるというのは、結果として料金も、お時間もお身体への負担も大きくなってしまうことになりますので、最初からしっかりとした治療をお勧めいたします。


実例⑧ 体の汗と脇汗の境界がはっきりしない例
さて、発汗テストについてはこちらのブログでも記していますが、毎回必ず上手くいくかというとそうでもなかったりします。ですので、当院では患者様に発汗テストありかなしかを予めお選びいただいております。
中には全く汗をかかない方(前の制汗剤が残っているのか、ボトックスが残っているのか)がいらっしゃったり、逆に上半身全部が多汗の方ですと、脇周囲の体の汗も反応していまい、テストしたところが全面黒くなってしまう方もいらっしゃいます。発汗テストは脇汗と体の汗を判別するわけではなく、水分が出てきたところが反応して黒くなります。

体の汗との境界がはっきりしない例

ミラドライモニター

 

発汗テストが上手くいかない場合は、脇毛の有毛部を十分カバーするように照射位置を決めていきます。(結局脇毛有毛部からの判断になります。)
特に胴体側に多いですが、脇汗と体の汗がグラデーションのように反応し、境界がよくわからない場合があり、そういう場合は、患者様に鏡で見ていただいてご相談しながら、リーズナブルな範囲を決定していきます。(特に男性の大柄の方で時間がギリギリになる可能性がありますが、テンプレート外の照射はあくまでもおまけの照射になりますので、チップの制限時間内でできる範囲になります。)
発汗テストに30分位かかりますので、発汗テストが上手くいかなかったり、微妙な場合は、30分余分に時間がかかる感じになってしまいます。その旨をご了承いただいた上での施術になります。
ただ、発汗テストが上手くいった場合は、有用であり、発汗テストありのメニューの方は、照射範囲が広くなる傾向があると当院では感じております。
発汗テストありの方の場合、より広範囲に麻酔ができるように麻酔液を多めに準備しているのは事実です。
特に脇汗で(も)お悩みの方は、照射面積が効いてきますので、広めに照射してあげたほうが効果は実感していただきやすいと思います。


実例⑨ ミラドライ後の別の方

もうお一人過去に他院様でシングルの広範囲ではないミラドライをお受けになられた方の発汗テストを見てみます。

ミラドライモニター

反応は薄めですが、特に胸側に一帯発汗部位を認め、前回のミラドライで打ち漏れていたところなのではないかと考えられます。写真上で線で囲ったところより胸側・胴体側をどこまで入れるかは、ある程度体の汗の可能性もあり、また乳房に差し掛かっているため、患者様に鏡でご確認いただきながらご相談の上決定していきます(写真上で線で囲った場所は今回の説明をわかりやすくするためのもので、実際照射した場所とは異なります)。
昨年だか、60幅のテンプレートが国内で在庫切れになったことがあり、代理店さん曰く、60幅の注文が国内で多いとのことでした。特に女性の場合、広範囲とうたっていない場合は60幅での照射が多いのではないかと思います。この方の場合、前回のテンプレートのサイズは特に何も説明されていなく不明ですが、照射幅が狭くて胸側が少し照射が足りなかったのではないかと思われます。
当院ではここの部分も入れて照射いたしました。

手間や時間がかかりますので、発汗テストをやった上でのミラドライの照射をやっているクリニックはなかなかないと思います。
今まで見てきましたように、人によって発汗している部位や広さはまちまちです。
発汗テストは上手くいかない場合もありますが、ミラドライの効果をなるべく上げるためにも、是非発汗テスト付きのメニューをお試しください。

 

CLINIC N (クリニックN)東京銀座

 

※当院のHPやブログ、SNSの内容等が他院様で無断転載や真似されているのを見かけますが、当院と一切関係はございません。同業者様から当院の発信にご注目いただけているのは光栄ですが、転載、複製の類はご勘弁いただけましたらと存じます。

 

 

CLINIC N (クリニックN)東京銀座
東京都中央区銀座7-13-1 STAGE GINZA 6F
銀座駅徒歩4分、東銀座駅徒歩3分、JR新橋駅徒歩7分
GINZA SIXそば

完全貸し切り状態で他のお客様にクリニック内で遭遇することはありません。
施術室も常時窓を開けての換気、マスク着用、消毒、手洗い、検温、体調管理徹底しております。

ミラドライ
切らないわきが・多汗症治療
マイクロ波で汗腺を焼灼
治療回数通常1回  自費診療 297000円~428560円税込
副作用:治療部位の疼痛・腫脹・皮下出血・減毛、感覚の変化等

院⻑ ⼩川 直美 医学博⼠

〒104-0061
東京都中央区銀座7-13-1 STAGE GINZA 6F

最寄り駅 銀座駅徒歩4分(東京メトロ銀座線・丸ノ内線・⽇⽐⾕線)
東銀座駅徒歩3分(東京メトロ⽇⽐⾕線・都営浅草線)
JR新橋駅徒歩7分
診療時間 13:00〜20:00
定休⽇ 不定休
※基本的に⽉・⾦・⼟・⽇曜⽇が営業⽇です
  • Twitter
  • Instagram
  • Youtube
  • Facebook